住宅ローンの返済・支払いで生活が足りない時は消費者金融や銀行のカードローンを利用しましょう

 

当記事をご覧の方の中には、マイホームを購入するために銀行の住宅ローンを利用しているという方もいらっしゃるでしょう。

 

住宅ローンというと、毎月の支払いも結構な金額になってしまいますので、毎月の支出管理をしっかりとしていく必要があります。

 

しかしながら、万全のつもりでもイレギュラーが発生して、生活費が苦しくなってしまうということもあるのではないでしょうか。

 

そういった時には長期的な支払いを継続していくこととなっている住宅ローンの支払いを先延ばししてしまえば…なんてお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、住宅ローンというのは非常に返済の延滞・滞納を嫌うサービスなのです。

 

高額なローン金額となりますので、1回でも支払いの延滞・滞納がありますとマークされてしまいます。

 

延滞・返済を繰り返していますと、担保となっているであろうマイホームの没収なんてこともありえますので、住宅ローンの支払いだけは延滞・滞納すべきではありません。

 

ですが、生活費がなければ家族に食事を用意できないなど、生命に関わる自体にもなりかねませんので、どうにかしてお金を用立てる必要があります。

 

消費者金融や銀行のカードローンというのは、まさにそういった事情をお持ちの方にうってつけのサービスです。

 

例えば、消費者金融のアコムでしたら、会員になっておけば必要なだけのお金をいつでもインターネット借入することができます。

 

アコムは1万円からの借り入れが可能となっており、必要の無いお金を借りて利息が増える…なんて心配とも無縁です。

 

また、最初の30日間の利息負担をゼロにする「30日間無利息キャッシングサービス」もあり、返済の負担なく借り入れることができます。

 

住宅ローンの返済・延滞をするのは絶対に避けるべきですので、生活費にお困りの方はアコムなどといったカードローンの利用をご検討下さい。

 

SIMガール

 

 

住宅ローンは総量規制の対象外なので消費者金融や銀行のカードローンの審査に通るのでしょうか?

 

ただ、消費者金融というと、気になってくるのが総量規制です。

 

貸金業法が改正された際に、消費者金融には「利用者の年収の三分の一を超えるお金を貸し出してはならない」という総量規制が課せられました。

 

住宅ローンというと、千万単位のローンとなりますので、明らかに年収以上のお金を借りていることになります。

 

こうなってくると、消費者金融アコムのような消費者金融は利用できないのか…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ご無用です。

 

実は住宅ローンというのは総量規制ではカウントされませんので、住宅ローンを利用していても、キャッシング審査には影響はありません。

 

他の消費者金融を利用していないというのでしたら、総量規制の影響は全くありませんので、安心してアコムにお申し込みを検討してください。

 

もし他の消費者金融を利用していて総量規制が気になるという場合は、総量規制対象外の三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』を利用しましょう。

 

なお、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は総量規制の対象外のため、自収入がない専業主婦(主夫)が利用できるというメリットがあります。

 

住宅ローンの返済・支払いで生活費が足りない際には、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用もぜひご検討ください。

 

SIMガール